So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

見沼たんぼの蝶(2017.4.20) [見沼田んぼの蝶]

minu17409.jpg
                    ツマキチョウのオス

minu17407.jpg 今日は天気がまずまずで、暖かかったので、蕨市内の「天狗」で、昼食に重箱ランチを食べてから、自家用車で北へ向かい、見沼たんぼへ行ってみることにした。
 さいたま市緑区にある「見沼自然公園」へ到着し、その駐車場へ車を駐めようとしたが、平日なので空いていた。その後は、いつものように、長靴に履き替え、カメラを首からぶらさげて、散策を開始したが、暑くも寒くもないちょうどよい気温だ。
 まず、中央の池まで向かう途中に、モンシキチョウとベニシジミが飛んでいるのを発見したが、モンキチョウの方は撮り逃がしたものの、ベニシジミは接写した。池の端まで行ってみると、まだカモ類が何十羽も泳いでいるのが目に入った。観察してみると、オオバン、ヒドリガモ、カルガモが確認できたので、適当にカメラに収めておいた。
minu17405.jpg その後、池の周囲を反時計回りで歩いて行くと、モンシロチョウとキタテハが飛んでいたので、追いかけたが撮り逃がした。園内には、いろいろな花が咲きだしてはいるが、まだ蝶の数は少ないのだ。
 それからは、公園を抜けて、畑地の方へと入っていくとキタテハが飛翔していたが、一瞬草の上に止まったところを望遠で捉えた。また、モンシロチョウとヤマトシジミが、タンポポやホトケノザなどの周辺を飛んでいて、時々花に止まったので、シャッターを切らせてもらった。
 今日は、陽射しが暖かで、散策していても気持ちが良く、ぶらぶらと見沼代用水の土手のところまでくるとベニシジミとモンシロチョウが飛んでいたので、再び何枚かカメラに収めておいた。
minu17412.jpg その後、畑地を一周してみたが、それ以外の蝶には巡り合わなかったので、再度見沼自然公園の中へと戻っていった。ハルジョオン、ムラサキサギゴケ、オオイヌノフグリなどの野草の花も咲いていて、春を感じさせてくれる。
 散策は気持ちが良いのだけど、蝶の数はまだ少なく、それ以上の種類とは巡り合えないのかと思っていると、タンポポの花にスプリングエフェメラルの一つであるツマキチョウのオスが止まっているのを発見した。そっと近づいて、何回かシャッターを切ったが、なかなかかわいらしい蝶なのだ。
 それからは、駐車場へと戻っていったが、途中の土手の所にモンキチョウがいたので、追いかけてやっとカメラに収めさせてもらった。
 結局、1時間半弱歩いて、6種類の蝶としか出会えなかったけど、この時期はこんなものかとも思い。とても気持ちよい散策だったので、納得し、来た道を戻っていった。

minu17404.jpg☆今日出会った蝶(6種)
・モンシロチョウ
・キタテハ
・ヤマトシジミ
・ベニシジミ
・モンキチョウ
・ツマキチョウ


クリックして応援してね!
     ↓↓
 にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
 にほんブログ村


昆虫写真 ブログランキングへ

狭山丘陵の蝶(2016.11.15) [狭山丘陵の蝶]

saya16101.jpg
                      ヤマトシジミ

saya16103.jpg 今日は天気予報では、午後からは晴れて暖かくなると言っていたので、昼から狭山丘陵へ蝶の観察に向かうことにしたが、曇りがちになっている。
 まず、蕨市内の「天狗」に立ち寄って、昼食をすませた。それから、外環の下を通り、美女木から国道17号線バイパスに出て北上し、途中から左にそれた。国道463号線に出てからは、羽倉橋で荒川を越えて、西進したが、車の流れが少し悪く、渋滞気味だった。それでもがまんして、なんとか所沢市街を通過し、入間市域へと入っていって、狭山県立自然公園内にある「さいたま緑の森博物館」の駐車場に車を入れた。しかし、少しは暖かいものの、天気は曇りがちで、蝶が飛んでいるか心配になった。
 例のごとく、長靴に履き替え、防虫スプレーを散布してから、カメラを携えて、案内所に立ち寄って見た。今日で、スタンプカードがいっぱいになり、「さいたま緑の森博物館のいきものたち」という非売品の本をもらうことができた。そのうえで、係の女性から蝶についての情報を聞いてみたが、「あまり姿は見えない。」と言われ、少しがっかりした。
 最初に、水鳥の池の方へ行ってみたが、陽が差していないで涼しくて、蝶の姿は見当たらない。ちょっと粘ってみたものの、まったく状況に変化がなさそうだったので、次へ進むことにした。
 東の林間に入っていっても曇りの性か、蝶の姿が全く見えない。それでも、注意深く周辺を探してみたが、なにも見つけることが出来なかった。
 ここでは、これ以上探しても無駄だと思い次へ進むことにし、一回りして、水鳥の池の方へ戻ってきた。しかし、状況に変化の兆しはなく、まったく蝶の姿はなく、天気も好転しない。
 しばらく粘ってから、今度は、大谷戸湿地の方へと進んでいったものの、トンボの湿地を通って、林間に分け入っていって山道を上っていっても、なんの蝶も見つけられなかった。
 さらに、尾根筋に出て、あずま家で休憩し、周辺を探してみても蝶とは出会うことができなかった。
 仕方がないので、西久保田んぼの方へ下っていったが、状況にあまり変化はないものの、少し粘ってみることにした。
 西久保田んぼ周辺の畦道を歩いていると、小さな蝶が飛んでいるのが目に入った。そこで、追いかけて、葉上に止まったところを観察してみたら、ヤマトシジミだったので、シャッターを切った。しかし、周辺を丹念に探してもヤマトシジミ以外は見つけることができなかったので、ベンチで少し休憩してから、戻っていくことにした。
 それから、畑地の方へ歩いていくとモンシロチョウがいたので、これも追いかけてカメラに収めておいた。畑地には、コスモスや菊の花が咲いていて、とてもきれいなのだが、涼しくて晩秋の気配が漂っていた。
 その後、駐車場の方へと戻っていったが、途中ではまったく蝶には出会わず、2時間弱で、出発点の案内所に戻ってきた。係の女性と今日見た蝶の話をしてから、車へと戻った。
 今回は、2種類の蝶としか出会うことが出来なかったが、天気も曇りで涼しく、晩秋のこの時期としては致し方ないと思った。それでも、秋の花を愛でながら気持ちよく散策できたのは救いだった。
 帰路は、来た道を戻っていったが、所沢市街で結構渋滞していたので、時間がかかってしまった。仕方がないので、途中のスーパーマーケットに立ち寄って、買い物をしてから帰宅したが、もう暗くなっていた。

☆今日出会った蝶(2種)
・モンシロチョウ
・ヤマトシジミ

クリックして応援してね!
     ↓↓
 にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
 にほんブログ村


昆虫写真 ブログランキングへ

狭山丘陵の蝶(2016.10.26) [狭山丘陵の蝶]

saya16008.jpg
                    クロコノマチョウ

saya16009.jpg 今日は天気が良くて、気温が上がって夏日になるとの予報だったので、狭山丘陵へ蝶を見にいくことにした。
 蕨市内で昼食に唐揚げ定食を食べてから、自家用車で西に向かい、美女木交差点で、国道17号バイパスに出て北向し、途中で左折し、国道463号線の羽根倉橋で荒川を越え、さらに西進した。
 平日にもかかわらず、結構渋滞していて時間がかかったが、所沢市街を通り過ぎ、入間市域へと入っていった。
 そうして、狭山湖の北にある、「さいたま緑の森博物館」へは、13時過ぎには到着したが、駐車場は空いていたので、難なく車を駐めた。
 今年になって、7度目の来訪となったが、いつものように長靴に履き替え、防虫スプレーを手足に噴きつけてから、カメラを携えて、案内所へ立ち寄ってみた。
saya16014.jpg 係の若い女性から、蝶についての情報を聞いたが、「白と黄色の蝶が飛んでいる」との大雑把な返答に、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、キタキチョウあたりのことかと察しを付けた。それ以外に、ウラギンシジミとヤマトシジミも見られたとのことだが、種類は少なくなってきているようだ。
 しかし、天気は秋晴れで、気温が上昇してきているので、予想外の蝶も飛び出してくるのではと期待した。
 まず水鳥の池の方へ向かってみたが、天気はいいものの蝶の姿はあまり見えない。それでも、じっくりと観察しているとキタキチョウとスジグロシロチョウを見つけたので、まずカメラに収めておいた。
saya16016.jpg 日向では暖かいが、木陰に入ると涼しく、秋のムードが漂っていて、それ以上は蝶に巡り合えそうもないと判断したので、東の方へと進むことにした。
 途中の道が、台風の被害で崩れていたのだが、復旧工事がされて、通れるようになっていた。注意深く歩いていると樹上に白っぽい蝶が飛んでいるのを発見した。じっくりと観察しているとウラギンシジミのメスだと知れたので、追いかけて葉上に止まったところを連射した。
 東の雑木林の中に入っていくと、ヤマトシジミとキタキチョウが舞っていたので、花や葉に止またところで、シャッターを切っていった。
 それ以外の蝶はいないかと注意深く探索しているとちょっと大きめの蝶が低い飛翔で飛び出してきて、地表に止まった。急いで、カメラを構え、望遠で捉えるとクロコノマチョウだったので何枚か撮影したが、すぐにどこかへ飛んで行ってしまい、再び現れることはなかった。
saya16001.jpg 一周して次は、大谷戸湿地の方へと向かったが、特に目新しい蝶には出会わなかったので、先へと進むことにし、トンボの湿地を通って林間へと入っていった。
 遊歩道を上へ上へと登って行ったが、途中ではまったく蝶に出会わないで、尾根筋へと出てしまった。
 ちょっと疲れたので、尾根筋の東屋で休憩して、水分補給することにしたが、周辺の草地にはヤマトシジミが何頭かとんでいるのが確認できた。
 休憩後、西久保田んぼの方へ下っていくと、草原にキタキチョウとヤマトシジミがいたので、適当に撮影しておいたが、天気は良いものの秋の気配が深まってきていて、蝶の姿が少なくなっているような気がする。
saya16003.jpg それからは、コスモスの花が咲く畑地の方を通って、駐車場の方へと戻っていったが、途中の畑でモンシロチョウとキタキチョウがいたのでカメラに収め、さらに歩いて行くと別の畑の中にテングチョウがいたので、シャッターを切った。
 出発点の案内所近くの道端のところには、モンシロチョウとツマグロヒョウモンのメスがいたので、撮影しておいたた。
 その後、案内所に戻って、係の人と今日の蝶の状況についていろいろと話してから、駐車場へと帰って行ったが、少々疲れた。
 結局2時間半弱の散策で、8種類の蝶としか出会えなかったが、この場所で初めてクロコノマチョウを撮影でき、天気も良くて気分良く散策できたので、まずまずだったと思う。
 それからは、来た道を戻っていったが、所沢市街でかなり渋滞していたので、思いのほか時間がかかり、途中で薬局に立ち寄って、買い物してから、やっと日暮れに帰着することができた。

saya16011.jpg☆今日出会った蝶(8種)
・モンシロチョウ
・スジグロシロチョウ
・ヤマトシジミ
・クロコノマチョウ
・ウラギンシジミ
・キタキチョウ
・テングチョウ
・ツマグロヒョウモン♀

クリックして応援してね!
     ↓↓
 にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
 にほんブログ村


昆虫写真 ブログランキングへ

環境科学国際センターの蝶(2016.10.12) [蝶を撮る]

kank16017.jpg
                   ナガサキアゲハのオス

kank16003.jpg 今日は、天気は良いとのことだったので、加須市にある埼玉県環境科学国際センターへ蝶を観察に行くことにした。川口市内のかっぱ寿司で昼食を食べてから、第二産業道路を北上し、さいたま市を通過して、上尾市へ入り、県道を北に向かった。桶川市域を通過し、圏央道の桶川北本インターチェンジの脇をすり抜けて、さらに北向し、加須市に入っていって、13時頃に「環境科学国際センター」に到着した。ここには、自然の生態園(約2.2ha)があって、蝶の観察ができるのだ。
 平日だったので、駐車場は空いていたが、観光バスが何台か停まっていて、学生の団体が見学に来ているようだ。
 いつものように、長靴に履き替え、防虫スプレーを手足や首に噴きつけ、カメラを携えて、散策を開始した。
kank16006.jpg 最初に、生態園入口近くで、キタキチョウを見つけて、カメラに収めた。また、近くにいた、ヤマトシジミもカタバミの花で吸蜜している所を接写した。
 その後、バッファゾーンの方へ行ってみるとアカボシゴマダラの夏型が飛んでいたので、追いかけて葉上に止まったところを何枚も連射した。しかし、ツマグロヒョウモンのオスは撮り逃がした。
 さらに、雑木林の中を歩いているとウラギンシジミのオスも出てきたので、地表に止まったところを撮影することができた。
 それからも、園内を注視しながら巡っていったが、上の池の近くに、いくつかの花が咲いている所があり、蝶の姿があったので、じっくり観察してみることにした。その花々には、キタキチョウ、ヤマトシジミ、イチモンジセセリ、チャバネセセリが集っていたので、順次撮影していったが、やぶ蚊が多いのには閉口した。
kank16010.jpg しかし、上空を飛んで行ったナガサキアゲハのメスとひらひら舞っていたモンシロチョウは撮り逃がした。
 その後も、園内を注意深く巡ってみたが、それ以上の新しい種類の蝶には出会わなかったので、外の公園(種足ふれあいの森)へも行ってみることにした。
 森の脇にある野草の花には、キタキチョウがたくさん集っていたので、何枚か接写したが、モンシロチョウはまたも撮り逃がしてしまった。
 それから、園内の小川の周辺を巡っているとナガサキアゲハのオスが飛んできたので、追いかけてみた。ちょうど小川の縁に止まって、地表から吸水始めたので、近づいて行って、何枚も接写した。
kank16012.jpg そうこうしていると、ヒメジャノメも見つけたので、しっかりとカメラに収めておいた。その場所で、結構粘ってみたのだが、それ以上はヤマトシジミくらいしかいなかったので、切り上げて、駐車場へ戻ることにした。
 結局、1時間半強の散策で、10種類の蝶としか出会えなかったが、この時期としては、こんなものかと思うし、さわやかに散策できたので、まずまずだったと思う。
 その後は、来た道ではなく、国道122号線に出て、南下していったが、結構渋滞していたので、途中から、県道にそれていった。そして、薬局で買い物をしてから、夕方に帰り着くこととなった。

kank16001.jpg☆今日出会った蝶(10種)
・アカボシゴマダラ
・ヤマトシジミ
・キタキチョウ
・ウラギンシジミ
・ナガサキアゲハ
・モンシロチョウ
・ヒメジャノメ♂
・ツマグロヒョウモン
・チャバネセセリ
・イチモンジセセリ

クリックして応援してね!
     ↓↓
 にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
 にほんブログ村


昆虫写真 ブログランキングへ

八丁湖公園の蝶(2016.10.6) [吉見丘陵の蝶]

yosi16015.jpg
                     ムラサキシジミ

yosi16014.jpg 今日は、天気が良さそうだが、気温もそんなに高くなく、すがすがしい感じだったので、蝶を見に吉見丘陵へ向かうことにした。
 まず、川口市内のカッパ寿司で昼食を済ませてから、車で第二産業道路を北に向かった。平日のこととてほとんど渋滞もなかったので、どんどん北向して、さいたま市、上尾市と過ぎて、圏央道の桶川北本インターチェンジの近くで、国道17号線を横切った。県道33号線に入って、北本市を通過して、荒川を荒井橋で越えて、吉見町域へと入っていった。東洋製罐の前を通って、八丁湖畔へと着いたが、駐車場はガラガラだったので、なんなく堰堤下の町営駐車場に車を駐めることができた。
yosi16018.jpg 例のごとく、長靴に履き替え、防虫スプレーを手足に散布してから、カメラを携えて、散策を開始した。晴れていたが、それほど気温も高くないので、快適な感じだった。堰堤上には、秋の野草が咲いているものの、蝶の姿はほとんどなく、やっと堰堤から少し下がったところで、ウラギンシジミのオスを見つけて、シャッターを切った。
 続いて、八丁湖の堰堤下にある田んぼの脇の林縁に近づいて行くとキタキチョウがやたらに目についたので、何枚か接写しておいた。周辺の花々には、ヤマトシジミ、ツマグロヒョウモン、ウラナミシジミ、イチモンジセセリが集っていたので、順次カメラに収めていったが、蝶の数が多いのに驚いた。しかし、コミスジは撮り逃がしてしまった。
yosi16024.jpg さらに注意深く探しているとスジグロシロチョウが吸蜜していたので、接写させてもらった。他にも、ツバメシジミ、モンシロチョウがいたので撮影しておいたが、少し粘ってみたものの、それ以上は新しい種を見つけられなかったので、次に進むことにした。
 その後は、湖畔の周遊道を進んでいったが、ヤマハギとマルバハギが並んで咲いていてきれいだったので、これもカメラに収めておいた。
 途中から林間へと入っていくと、日陰では蝶の姿があまりない。それでも注意深く探しているとオオチャバネセセリを見つけたので望遠で捉えた。
yosi16021.jpg その後、湿地帯の方へと足を踏み入れていったが、ムラサキシジミが飛んでいるのを見つけたので、追いかけて葉上に止まったところを接写した。
 さらに探しているとキタテハやイチモンジセセリを見つけたので、カメラに収めておいた。さらに粘って4往復ほどしてみたが、キタキチョウくらいしか見かけなかったので、そこを離れることとした。
 次に、「黒岩横穴墓群」のあたりに来てみたが、ツマグロヒョウモンとヤマトシジミ、キタキチョウくらいしか見つけることができなかった。
 仕方がないので、湖畔の周遊道を進んでいったが、あまり蝶を見つけられないままに出発点の堰堤上に戻ってきてしまった。
yosi16003.jpg 再び、堰堤下の林縁を探してみるとキタキチョウやヤマトシジミ、イチモンジセセリ、ウラギンシジミ、ウラナミシジミといった変わり映えのしないものしかいなかったので、適当に撮影して今日の散策を終えることにした。
 結局、2時間半弱の散策で、13種類の蝶と出会えたし、暑くもなく快適に巡れたので、まずまずだったかと思う。
 その後は、車で来た道を戻って行き、途中から第2産業道路に出たが、さしたる渋滞もなかったので、順調に走り、途中でスーパーマーケットに立ち寄って買い物をしてから、夕方前には自宅に帰り着くことが出来た。

yosi16009.jpg☆今日出会った蝶(13種)
・ウラギンシジミ
・ヤマトシジミ
・キタキチョウ
・ツマグロヒョウモン
・オオチャバネセセリ
・ウラナミシジミ
・イチモンジセセリ
・コミスジ
・スジグロシロチョウ
・モンシロチョウ
・ツバメシジミ
・ムラサキシジミ
・キタテハ
yosi16005.jpg
                    スジグロシロチョウ

クリックして応援してね!
     ↓↓
 にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
 にほんブログ村


昆虫写真 ブログランキングへ

見沼たんぼの蝶(2016.10.2) [見沼田んぼの蝶]

minu16011.jpg
                     ウラナミシジミ

minu16013.jpg 今日は天気が良さそうだったので、昼食を取ってから、車で北に向かい、見沼たんぼへ蝶を見に行くことにした。
 いつものように、さいたま市緑区にある「見沼自然公園」へ行ってみることにしたが、天気は晴れ渡っていて、気持ちが良い。
 スムーズに走って、結構早く園内の駐車場へと到着したが、日曜日なので、結構混んでいたものの、なんとか一番奥にスペースを見つけて車を駐めた。
 今年は4度目の訪問となるが、いつものように、長靴に履き替え、手や足に防虫スプレーを吹き付けてから、カメラを首から下げて、散策を開始した。
minu16005.jpg まず、中央の池に向かったが、途中の原っぱで、ヤマトシジミが飛んでいたので、撮影しておいた。
 中央の池には、鯉がたくさんいて、餌を求めて、岸辺に寄ってきていたので、カメラに収めておいたが、水鳥の姿はまだ少ない。
 その後、ぶらぶらと園内を散策したが、蝶の姿はあまり見られない。それでも、丹念に探しているとヤマトシジミとヒメウラナミジャノメを見つけたので、シャッターを切った。
 続いて、ウラギンシジミのオスが飛んでいるのを発見したので、追いかけて地表に止まったところをカメラに収めたが、周辺には、結構ウラギンシジミがいるのが分かった。
 それから、公園を抜け出すと、雑草のたくさん生い茂っている所で、キタキチョウを見つけたので、追いかけてカメラに収めた。
minu16019.jpg 続いて、畑地の方へと入っていくと、野菊の咲いている所にたくさん蝶が集っているのがわかった。そこで、しばらく観察していると、ヒメアカタテハ、ウラナミシジミ、イチモンジセセリ、キタテハ、ツマグロヒョウモンが吸蜜していたので、順次カメラに収めていったが、モンシロチョウは撮り逃がした。そんなこんなで結構時間がかかってしまった。
 その後は、周辺を巡ってみたが、見沼代用水の土手には、ヒガンバナが咲いていてきれいだ。そこにも、キタキチョウやウラナミシジミを見つけたので、適当にカメラに収めておいた。
 さらに、畑地を巡ってみたが、イチモンジセセリやキタキチョウ、ウラナミシジミが確認できたので、シャッターを切っておいた。
minu16003.jpg 再び、見沼自然公園内へ戻ると、アオスジアゲハも飛翔していたが、どこにも止まってくれないので、シャッターは切れなかった。
 公園内には、ヤマトシジミやキタキチョウが散見されるが、特に撮影しないで歩いて行った。そうするとアカボシゴマダラが飛び出してきたので、追いかけて葉上に止まったところで、接写した。
 結構暑くなっていて、汗ばんできたので、1時間半強で散策を終えることにして、駐車場へと戻っていった。
 結局、12種類の蝶としか出会えず、この時期としてはちょっと少ない感じがしたが、ちょっと疲れたので、これで帰ることにした。
 その後は、来た道を戻っていったが、特に渋滞もないのですいすいと走って、途中のスーパーマーケット買い物をしてから、自宅に帰着した。

minu16017.jpg☆今日出会った蝶(12種)
・モンシロチョウ
・ヒメウラナミジャノメ
・イチモンジセセリ
・ヤマトシジミ
・ヒメアカタテハ
・ウラギンシジミ
・ツマグロヒョウモン
・キタテハ
・ウラナミシジミ
・アオスジアゲハ♂
・キタキチョウ
・アカボシゴマダラ
minu16007.jpg
                     ヒメアカタテハ

クリックして応援してね!
     ↓↓
 にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
 にほんブログ村


昆虫写真 ブログランキングへ

秋ヶ瀬公園の蝶(2016.8.25) [秋ヶ瀬公園の蝶]

akig16809.jpg
                    ヒメジャノメのオス

akig16813.jpg 今日は、天気が良いとの予報だったので、蕨市内で昼食に唐揚げセットを食べた後に、車で秋ヶ瀬公園へ蝶を観に行ってみることにした。
 外環の下道を西へ走り、美女木の交差点で右折し、国道17号線バイパスを北向した。途中から、バイパスを左にそれ、荒川の秋ヶ瀬橋の手前から、下におりて、荒川河川敷にある秋ヶ瀬公園へと到着した。
 しかし、平日の木曜日のこととて、駐車場はとても空いていてガラガラだった。それで、ピクニックの森に一番近い、木陰になりそうな駐車場のスペースに難なく車を駐めることができたのはラッキーだった。
 太陽が燦々と降り注ぎ、とても暑そうだったが、覚悟して散策することにした。
akig16802.jpg 例のごとく、長靴に履き替え、防虫スプレーを手や足に噴きつけてから、カメラを携えて、ピクニックの森の中へと入っていくことにした。
 まず入口の所で、ヤマトシジミとスジグロシロチョウを見つけてカメラに収めた。続いて、ヒメウラナミジャノメも飛んでいたので、追いかけてシャッターを切った。
 森の中へと踏み込んでいくとイチモンジセセリがいくつも飛んでいるのがわかったので、葉上に止まっていたのを撮影しておいた。
 さらに、森の奥へと入っていくとキタキチョウやモンシロチョウ、ダイミョウセセリも発見して、順次シャッターを切っておいた。暑くても森の中の木陰には、蝶の姿が見えるようだ。
akig16805.jpg しかし、先日の雨で遊歩道の一部が水没していて、入っていけないところがあるのが残念だ。それでも、葉上に止まっていたキマダラセセリを発見したが、遠かったので、やっと望遠で捉えられるくらいで、良い写真にならなかったのが惜しまれる。
 次に、ピクニックの森を出てグランド脇の方へ行ってみることにしたが、陽射しが強い性か蝶の姿が見えない。裏の田んぼの方へも行ってみたが、やたらに暑く、汗が噴き出るだけだった。
 戻ってきて、三ッ池の方へと向かうとエノキが並んでいる木陰にアサマイチモンジがいるのを発見した。葉上に止まって、翅を開いたり、閉じたりしていたので、じっくりと接写させてもらった。その場所では、イチモンジセセリとコミスジもいたので、カメラに収めておいた。
akig16816.jpg さらに、歩いて行くと木陰にツバメシジミとヒメジャノメも見つけたので、何枚も撮影しておいた。
 その後は、三ツ池の方をゆっくりと回っていったが、グランド脇のところには、モンキチョウとヤマトシジミがいたので、シャッターを切った。そうしていると、アカボシゴマダラの夏型が飛んできて、近くの木に止まったので、望遠で捉えた。
 とても暑くて、汗が流れ落ちる状態なので、もうこれ以上は無理かと思い、駐車場に戻り、2時間弱の散策を終えたが、14種類の蝶と出会えたので、この暑さの中では、まずまずだったかとも思う。
 帰路は、秋ヶ瀬橋のたもとから国道17号バイパスに出て、来た道を戻っていったが、平日なので目立った渋滞もなく、順調に走り、途中のディスカウントショップ買い物をしてから、結構早めに自宅に帰り着いた。

akig16817.jpg☆今日出会った蝶(14種)
・ツバメシジミ
・ヤマトシジミ
・スジグロシロチョウ
・ヒメウラナミジャノメ
・モンシロチョウ
・キタキチョウ
・ダイミョウセセリ
・キマダラセセリ
・アサマイチモンジ
・コミスジ
・ヒメジャノメ
・モンキチョウ
・アカボシゴマダラ
・イチモンジセセリ
akig16803.jpg
                   アサマイチモンジのオス

クリックして応援してね!
     ↓↓
 にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
 にほんブログ村

昆虫写真 ブログランキングへ

狭山丘陵の蝶(2016.7.30) [狭山丘陵の蝶]

saya16702.jpg
                     ウラギンシジミ

saya16709.jpg 一昨日に梅雨明けが発表され、今日は天気が良いとの予報だったので、蕨市内で昼食に唐揚げ定食を食べてから、自家用車で西進し、国道17号バイパスに出て北上、途中で左折し、国道463号線の羽根倉橋で荒川を越え、さらに西へと向かった。土曜日にもかかわらず、さしたる渋滞もなく、所沢市街を通過し、入間市域へと入っていった。そうして、狭山湖の北にある、「さいたま緑の森博物館」へは、13時半過ぎに到着したが、駐車場ではなんとかスペースを見つけて車を駐めた。
 今年になって、4度目の来訪となったが、例のごとく長靴に履き替え、防虫スプレーを手足に散布してから、カメラを首から下げて、案内所へ立ち寄ってみた。係の人から蝶についての情報を聞いたが、梅雨明けでいろいろな蝶に巡り合えそうな予感がした。
saya16706.jpg まず水鳥の池の方へ向かってみたが、とても暑くなりそうで、すでに汗が流れ始めていた。まず道路脇で、ウラギンシジミを発見したが、ここでは初見だったので、追いかけてカメラに収めた。そうしているとミスジチョウ系の蝶が飛んでいるのを見つけて、急いでシャッターを切ったものの、いつものコミスジだったので少しがっかりした。
 周辺には、アカボシゴマダラの夏型も飛んでいたが、撮り逃がしてしまった。しかし、ダイミョウセセリとコミスジは撮影してから、東の方へと移動することにした。
 途中の道では、キタテハとキタキチョウに出会って、追いかけながらカメラに収めた。
saya16716.jpg 東の雑木林の中に入っていくと、再びキタテハが飛び出してきたので、葉の上に止まったところを望遠で捉えた。そうしていると、ゴイシシジミがひらひらと舞っているのに気が付いたので、じっくり観察しながら、葉上に止まったところを接写した。付近には、ヤマトシジミとルリシジミも何頭か飛んでいたので、カメラに収めておいた。
 一周して、次は、大谷戸湿地の方へと向かったが、特に新しい蝶には出会わなかったので、適当に撮影してから、先へと進むことにし、トンボの湿地を通って林間に入っていった。
 遊歩道を上へ上へと登って行ったら、尾根近くでクロヒカゲを見つけたので、これもカメラに収めておいた。
saya16707.jpg それにしても、暑くなってきて、汗も流れ落ちてくるので、尾根筋の東屋で休憩して、水分補給することにしたが、なかなかたいへんだ。
 休憩後、西久保田んぼの方へ下っていくと、草原にヒメウラナミジャノメとスジグロシロチョウがいたので、撮影しておいたが、暑さの性か蝶の姿が見えなくなっているような気がする。
 それからは、畑地の方を通って、駐車場の方へと戻っていったが、途中の畑でモンシロチョウとツバメシジミがいたのでカメラに収め、さらに歩いて行くと生垣の所にムラサキシジミをいくつか見つけたので、シャッターを切った。しかし、薄暗い場所だったので、蚊の攻撃を受けて困った。 出発点の案内所近くの丘のところにはベニシジミがいたので、撮影したが、上空を飛び去ったナガサキアゲハには、シャッターチャンスがなかった。
saya16711.jpg その後、案内所に至って、係の人と今日の蝶の状況についていろいろと話しておいてから、やっと駐車場へと戻っていったものの少々疲れ気味だった。
 結局2時間半弱の散策となり、17種類の蝶と出会うことができたが、天気が良すぎて、暑かったのには閉口したものの、まずまずの成果だったと思う。
 その後は、来た道を戻っていったが、所沢市街や羽根倉橋の辺りが、結構渋滞していたので、思いのほか時間がかかり、途中でスーパーマーケットに立ち寄って、買い物してから、やっと夕方に帰り着くことができた。

saya16704.jpg☆今日出会った蝶(17種)
・モンシロチョウ
・スジグロシロチョウ
・ヤマトシジミ
・クロヒカゲ
・ナガサキアゲハ
・ダイミョウセセリ
・ウラギンシジミ
・アカボシゴマダラ
・キタテハ
・ツバメシジミ
・ベニシジミ
・ヒメウラナミジャノメ
・ルリシジミ
・キタキチョウ
・ムラサキシジミ
・コミスジ
・ゴイシシジミ
saya16718.jpg
                     ムラサキシジミ

クリックして応援してね!
     ↓↓
 にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
 にほんブログ村


昆虫写真 ブログランキングへ

北本自然観察公園の蝶(2016.7.29) [北本自然観察公園の蝶]

kita16717.jpg
                   ウラギンシジミのメス

kita16702.jpg 昨日関東地方の梅雨明けが発表され、暑くはなりそうだが、天気は良いとのことだったので、北本自然観察公園へ蝶を観察に行くことにした。蕨市内で昼食に唐揚げ定食を食べてから、産業道路を北上し、国道17号線に出てから、上尾駅近くで駅の西側に回り、脇道に入った。その後、県道を北に向かって、桶川市域を通過し、圏央道の桶川北本インターチェンジの脇をすり抜けて、北本市内に至って、13時20分頃に「北本自然観察公園」に到着した。
 平日だったので、駐車場は空いていたが、陽射しが強く暑いので、木陰の駐車スペースに車を入れた。
 いつものように、長靴に履き替え、防虫スプレーを手足や首に噴きつけ、カメラと飲料水を携えて、散策を開始した。
kita16727.jpg 最初に、入口の橋の近くで、アカボシゴマダラの夏型を見つけて、カメラに収めた。また、近くにいた、アオスジアゲハとアゲハチョウも望遠で捉えた。
 その後、園内中ほどにある「埼玉県自然学習センター」に立ち寄ろうとしたら、玄関前にキタキチョウが飛んでいたので、花に止まったところを接写した。
 それから、「埼玉県自然学習センター」の中に入って、担当者から蝶の情報を聞いたが、蝶の種類は結構いるとのことだったものの、この暑さが気になった。
 まず、木道のある湿地の方へ入っていったが、まずムラサキシジミを見つけて、追いかけたものの、翅を開いてくれず、裏側だけしか撮影できなかった。
kita16709.jpg 続いて、キタテハが飛び出してきたが、勢いよく飛んでいて、なかなか止まってくれない。それでも、追いかけて、葉の上に止まったところを望遠で捉えた。
 次に、モンシロチョウやキアゲハも飛んでいる所をみつけたが、いずれも撮り逃がした。しかし、スジグロシロチョウは、地表に止まったところをなんとかカメラに収めた。
 そうこうしていると、上空をナガサキアゲハのオスが勢いよく飛翔していった。なんとか撮影したいと粘ってみたものの、どこにも止まってくれず断念せざるを得なかった。
 奥の林の方へ入って行くとコミスジやヤマトシジミを発見したので、何枚か撮影しておいた。
 それから、公園の正面入り口の方へと戻ってくると、ベニシジミとツバメシジミを見つけたので、シャッターを切っておいた。
kita16714.jpg 次に、高尾の池を経由して、一夜堤の方へと歩いて行ったが、途中でウラギンシジミとイチモンジチョウを見つけたので、しっかり追いかけて、何枚も撮影させてもらった。
 その付近で、3人連れでカメラを持った方に会ったので、少し立ち話をしたが、少し前に、この辺でクロコノマチョウを見たと聞いたので、注意深く探してみたが、見つけられなかった。
 南口近くの草原まで来るとコミスジ、スジグロシロチョウ、キタキチョウが飛んでいたので、カメラに収めておいたが、モンキアゲハは勢いよく上空を飛んでいたので、撮り逃がした。
 その後、南口手前から引き返し、一夜堤を通り、桜土手の方へ歩いて行ったが、とても陽差しが強く、汗も滴り落ちてきて、容易ではない。蝶もなかなか姿を見せなくなってしまった。
kita16712.jpg 桜土手では、スジグロシロチョウくらいしか蝶に出会えず、残念だった。仕方がないので、桜土手口から園内へと戻っていったが、まだ木陰に入ると暑さをしのぐことができる。。
 その後、高尾ふるさとの森を経由して、学習センター近くの草原まで戻ってきたが、そこにジャコウアゲハを見つけたので、撮影しておいた。
 それから、学習センターへと戻り、係の人と蝶の話をし、今日見た蝶を報告用紙に書いてからてから、駐車場へと帰っていった。
 結局、2時間半ほどの散策で、18種類の蝶と出会えたので、とても暑かったものの、まずまずの結果だったと思う。
 その後は、来た道を戻り、第2産業道路に出て、南下していったが、かなり渋滞していたので、途中のスーパーマーケット買い物をしてから、夕方に帰着することとなった。

kita16715.jpg☆今日出会った蝶(18種)
・アゲハチョウ
・アオスジアゲハ
・アカボシゴマダラ
・スジグロシロチョウ
・モンキアゲハ
・ベニシジミ
・コミスジ
・ヤマトシジミ
・キタキチョウ
・キタテハ
・ムラサキシジミ
・モンシロチョウ
・ナガサキアゲハ♂
・ツバメシジミ
・ウラギンシジミ
・イチモンジチョウ
・ジャコウアゲハ
・キアゲハ
kita16719.jpg
                    イチモンジチョウ

クリックして応援してね!
     ↓↓
 にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
 にほんブログ村


昆虫写真 ブログランキングへ

嵐山蝶の里公園の蝶(2016.7.28) [嵐山蝶の里公園の蝶]

ranz16701.jpg
                      ゴイシシジミ

ranz16703.jpg 今日は梅雨明けして、天気が良くなると朝の予報で言っていたので、嵐山町へ蝶を観に行くことにした。まず川口市内のかっぱ寿司で昼食を食べてから、車で第二産業道路を北に向かい、国道463号線に出て西に向きを変えた。羽根倉橋で荒川を越え、途中から右折して、国道254号バイパスを北に向かった。富士見市役所のインターチェンジから左折して西へ進み、ふじみ野市で国道254号線(川越街道)を横切って、脇道を進み、川越市、鶴ヶ島市、毛呂山町、鳩山町を通過して、嵐山町へは、14時に到着したが、結構道が混んでいたところもあったので、時間がかかった。
 嵐山蝶の里公園の駐車場に車を駐めたが、今年は3目の訪問で、例のごとく、長靴に履き替え、防虫スプレーを手や足に散布して、カメラを首から下げて散策を開始した。天気はとてもよく暑くなりそうな感じがしたので、飲料水も携行することにした。
ranz16717.jpg 園内には、いくつかの花が咲いていたが、最初に入り口近くで、ヤマトシジミとツバメシジミを発見して、カメラに収めた。
 そうこうしていると、管理人の方に出会ったので、蝶の出現状況について聞いて見たが、運が良ければオオムラサキに出会えるかもしれないとのことだった。そして、近くにゴイシシジミがいると教えてもらったので、すぐに見つけて何枚も撮影させてもらった。
 それ以外にもコチャバネセセリが飛んでいたので、葉に止まったところで、シャッターを切った。
 その後、アゲハチョウの花園の方へ行くと、オオチャバネセセリが花に止まっているのを見つけて、接写した。
ranz16709.jpg さらに、周辺を巡ってみるとヒメウラナミジャノメ、イチモンジチョウ、キタキチョウ、ツマグロヒョウモン、キタテハ、ベニシジミ、スジグロシロチョウがいたので、順次シャッターを切っていったが、太陽が照り付けるようになって、かなり暑くなってきた。
 それから、ホタルの里の方へ下りていくと、途中の林間にコジャノメがいたので、カメラに収めておいた。しかし、その後は、アゲハチョウの花園で見たヒメウラナミジャノメ、キタキチョウ、スジグロシロチョウくらいしか見つけられなかったが、カメラには適当に収めておいた。
 次に、都幾川沿いを歩いてみたが、トンボは結構いるものの、陽射しが強く、川べりを歩いていても汗がしたたり落ち、蝶の姿は見えない。
ranz16725.jpg その後は、ベニシジミの広場からキタテハの広場の方へと上って行ったが、最前のヒメウラナミジャノメ、キタキチョウ、スジグロシロチョウくらいしか見つけられなかった。
 エノキの多い場所も探してみたが、オオムラサキを発見できなかったのは、残念だった。仕方がないので、裏の畑の方へも行ってみたが、蝶の姿はほとんど見えなかった。
 仕方がないので、再び園内に戻って、再びアゲハチョウの花園へ行ってみたが、太陽も陰ってきていて、あまり蝶の姿はみえない。それでも粘って探し回っているとやっとダイミョウセセリを見つけたので、カメラに収めたが、コミスジは撮り逃がした。
ranz16705.jpg 天気も曇ってきて、これ以上蝶には巡り合えそうもないと判断して、駐車場へ戻ることにした。そうすると、管理センターのログハウスのところで、同好の人と出会ったので、休憩しながらしばらく情報交換をした。
 そうしている内に、散策を開始してから、2時間近く経ったので、帰途に着くことにしたが、15種類の蝶と出会え、蝶の愛好家の方と話もできたので、暑かったものの、まずまずだったと思う。
 その後は、来た道を戻っていったが、結構渋滞していたので、思ったより時間がかかり、夕方の帰着となってしまった。

ranz16721.jpg☆今日出会った蝶(15種)
・キタキチョウ
・スジグロシロチョウ
・ベニシジミ
・ゴイシシジミ
・イチモンジチョウ
・オオチャバネセセリ
・ヒメウラナミジャノメ
・ダイミョウセセリ
・コミスジ
・コジャノメ
・ツバメシジミ
・コチャバネセセリ
・キタテハ
・ツマグロヒョウモン
・ヤマトシジミ
ranz16707.jpg
                     イチモンジチョウ

クリックして応援してね!
     ↓↓
 にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
 にほんブログ村


昆虫写真 ブログランキングへ
前の10件 | -