So-net無料ブログ作成
蝶を撮る ブログトップ

正丸峠の蝶(2014.5.31) [蝶を撮る]

syou4513.jpg
                             ウラギンヒョウモンのオス

syou4514.jpg 早朝から車を走らせ、国道463号線を西進し、荒川を羽根倉橋で越え、少し行って右折して国道254号バイパスを北にむかった。富士見市役所のインターチェンジから左折して西進し、ふじみ野市で国道254号線(川越街道)を横切って、脇道を進み、入間市で国道299号に出て北上した。飯能市に入って、国道をそのまま秩父方面へと向かい、正丸峠手前の西武鉄道秩父線の正丸駅(標高298m)構内にある有料駐車場へ車を入れたが、ハイキングする人でほぼ満杯になっていた。(駐車料1日500円)
 いつものようにむ首から愛機ニコンをぶら下げて、散策を始めたが、まず正丸峠の方へ向かってみることにした。国道299号線を秩父方面へ少し歩くと、旧正丸峠への矢印が出ていたので、旧道に沿って登っていくことにした。道沿いの山里は、花に覆われていて、とてもきれいで、暑さもそれほど出なく、コンディションも良い。
syou4510.jpg のんびりと民家を眺めながら、細い旧道を進むと、坂元の集落のはずれにたくさんの花が咲いていて、蝶が飛んでいるのが眼に入った。追いかけてみるとテングチョウだったので、カメラに収めた。また、コミスジも飛んでいたので、シャッターを切った。
 山間の畑地脇の野草にヒメキマダラセセリが1頭止まっていて動かなかったので、接写させてもらった。近くの休耕地には、ヒメジョオンが咲いていて、それにモンキチョウやモンシロチョウ、ヒメウラナミジャノメ、ヤマトシジミが寄っていたので、順番に撮影していった。
 集落の最上部の民家の庭先には、アオスジアゲハも飛んできていたが、撮り逃がした。そこを過ぎると旧道は杉林の中に入っていき、渓谷沿いに上ることになったが、蝶の数はめっきり少なくなって、コジャノメとコミスジくらいにしか出会わなかった。それでも、新緑が心地よく、気分は上々だ。きつい上り坂もあったが、2時間ほどで、標高668mの旧正丸峠に到達した。
syou4506.jpg そこで小休止していると1人の中年ハイカーが来たので、道を尋ねてみたが、正丸山を越え、正丸峠に出て、関東ふれあいの道を通って、出発点に戻った方が良いと判断した。
 15分ほど休憩してから、尾根道を正丸山の方へ向かったが、急勾配が続き、とてもしんどいので休み休み上っていった。尾根筋には、時々コジャノメが出てくるので、カメラを向けた。また、黒っぽいアゲハ蝶が急スピードで飛んでいくが、なんだかよくわからない。
 やっと、正丸山の頂上(標高780m)にたどり着くと、黒っぽいアゲハ蝶が再び飛んできたので、注意深く観察するとモンキアゲハたと知れたもののシャッターは切れなかった。しかし、近くにいたダイミョウセセリはなんとか撮影した。
syou4505.jpg その後は、尾根沿いに下っていったが、途中の休憩所のところでヒオドシチョウを発見したのでカメラに収めたもののツマグロヒョウモンは撮り逃がした。さらに下って、正丸峠の奥村茶屋にたどり着くと道沿いの雑草にモンキチョウが寄っていたのでカメラを向けた。
 ここからは、自動車道に沿って下ることも出来るが、私は関東ふれあいの道で正丸駅へと向かうことにした。しかし、峠からは、急勾配の階段になっていて、注意しながら進んでいくとテングチョウが何度も飛んでくるし、メスグロヒョウモンのオスも飛来したので、シャッターを切っておいた。
 その後は、杉林の中を進んだが、石がごろごろしていて足場が良くない。清らかな渓流沿いに進むようになって、アサギマダラが飛んでいるのを発見したが、残念ながら撮り逃がした。
syou4502.jpg 大蔵山集落まで下りてくるといろいろな花が咲いていてとてもきれいだ。そんなところに蝶の姿も散見されたので、気をつけて見てみるとキマダラセセリやテングチョウだったのでシャッターを切っておいた。
 集落の中程まで来ると道端の野草にウスバシロチョウが来たので、接写した。さらに進むとアオスジアゲハやクロアゲハも吸蜜していたので、撮影した。また、民家の脇に植えてあるサクラソウの花にウラギンヒョウモンが寄ってきたので接写した。
 そうこうして、やっと正丸駅の駐車場まで戻ってくるともう13時になっており、4時間以上歩いたことになった。腹も減り、脚も疲れていたので、これで散策を終え、車に乗って帰途に就くことにしたが、18種類の蝶とも出会え、快適なハイキングも出来たので良かったと思う。
 その後、国道299号線沿いにある休暇村「奥武蔵」のレストランに立ち寄って、カツカレーを食べてから、来た道を戻っていったが、さしたる渋滞もなく、夕方には自宅へと帰り着いた。

☆今日出会った蝶(18種) syou4508.jpg
・テングチョウ
・コミスジ
・ヒメキマダラセセリ
・モンキチョウ
・ヒメウラナミジャノメ
・ヤマトシジミ
・モンシロチョウ
・アオスジアゲハ
・コジャノメ
・モンキアゲハ
・ダイミョウセセリ
・ヒオドシチョウ
・アサギマダラ
・ウスバシロチョウ
・クロアゲハ
・メスグロヒョウモン♂
・ウラギンヒョウモン
・ツマグロヒョウモン
syou4509.jpg
                                ウスバシロチョウ

クリックして応援してね!
     ↓↓
 にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
 にほんブログ村


昆虫写真 ブログランキングへ

ほべつ道民の森の蝶(2012.8.15) [蝶を撮る]

hobet203.jpg
                                   オオヒカゲ
 苫小牧市街を抜け、東北方向に国道234号線を走った。安平町内の食堂で昼食にとんかつを食べ、右折して道道に入り、むかわ町内へと入っていった。そして、旧穂別町の中心地に至り、「穂別地球体験館」の裏から「ほべつ道民の森」へと上って行った。
hobet205.jpg ここは、生活環境保全林整備事業で実施された森林利用施設であり、道有林60ha、町有林 11haの森の中には、約2万本のツツジが咲きそろうツツジ園のほか、サクラ並木が続くサクラ園などがあり、探勝コースとして各種散策路(3,200m)及びつつじの森・化石の森・野鳥の森など、各目的に応じた修景植裁による園内整備がされている。また、天然林については森林・自然に関する学習体験の場として活用されているとのことだ。
 車を駐車場に入れたが、他には一台も停まっていなかった。カメラを携えて、園内の散策を始めたが、最初のツツジ園のところでは、ベニシジミ、モンシロチョウがいて、カメラに収めた。次に、化石の森のところでは、ウラギンヒョウモンを撮影したが、蝶の種類が少ない。
 そこで、散策路を巡ってみることにして、尾根伝いに歩き始めたが、ほとんど蝶には出会わない。しかし、下り始めたところで、オオヒカゲがいくつか飛び交っている場所を発見した。なかなかカメラには収まってくれなかったが、根気よく追いかけて、なんとか撮ることができた。サカハチチョウやモンキチョウもカメラに収めながら、1時間弱かけて散策路を一周した。
 駐車場に戻って車に乗り、来た道を下り、今日の宿のある日高町の方へと走っていった。

☆今日ここで出会った蝶(7種)hobet202.jpg
・ベニシジミ
・モンシロチョウ
・スジグロシロチョウ
・ウラギンヒョウモン
・サカハチチョウ
・オオヒカゲ
・モンキチョウ

クリックして応援してね!
     ↓↓
 にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
 にほんブログ村


昆虫写真 ブログランキングへ

北海道大学苫小牧研究林の蝶(2012.8.15) [蝶を撮る]

hdaik211.jpg
                              メスアカミドリシジミのメス

hdaik206.jpg 苫小牧市街を通過して、少し山側に入ったところにある北海道大学苫小牧研究林の駐車場に10時過ぎに車を駐め、事務所に顔を出して、蝶のいそうなところを聞いてみたが、よくわからないとのことだった。そこで、カメラを首からぶらさげて、市道に沿って林間を歩いてみたが、まずエゾリスに遭遇した。餌を食べていたので、近づいて接写させてもらったが、人に慣れているのか、逃げなかった。
 天気は曇りがちだったが、さらに進んでいくと、スジグロシロチョウやジャノメチョウと出会って、カメラに収めた。続いて、ヤマキマダラヒカゲ、ミドリヒョウモン、フタスジチョウにも巡り合って、シャッターを切った。
 そうこうしているとアゲハチョウの仲間が1頭飛んでいるのが目に入ったので、追いかけて撮影したが、ミヤマカラスアゲハだった。
 続いて、ルリシジミを撮り、オオミドリシジミの開翅しているところも撮影したが、メスだった。次に、キバネセセリを撮ってから、メスアカミドリシジミのメスの撮影にも成功した。
 樹木園の中も散策してみたが、花が咲き、きれいな川も流れていて、とても良いところだったが、蝶はあまりいなかった。
 正午になったので、2時間弱で散策を終え、苫小牧の市街地の方へと戻っていった。

☆今日ここで出会った蝶(10種)hdaik209.jpg
・スジグロシロチョウ
・ジャノメチョウ
・ヤマキマダラヒカゲ
・ミドリヒョウモン
・フタスジチョウ
・ミヤマカラスアゲハ
・ルリシジミ
・オオミドリシジミ
・キバネセセリ
・メスアカミドリシジミ

クリックして応援してね!
     ↓↓
 にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
 にほんブログ村


昆虫写真 ブログランキングへ

ウトナイ湖畔の蝶(2012.8.15) [蝶を撮る]

uton2810.jpg
                                  ゴマシジミ

 uton2803.jpg千歳駅前のホテルルートインを出発して、国道36号線を南下し、苫小牧市へ入ってしばらくしたら、左手に道の駅「ウトナイ湖」が見えてきたので、少し休憩することにした。車を停めて、看板を見てみるとウトナイ湖は国指定鳥獣保護区、ラムサール条約の登録湿地となっており、北海道の豊かな自然を満喫できるロケーションに思えたので、カメラを持って、ちょっと湖畔まで出てみることにした。
 岸辺に出ると数羽のハクチョウと黒っぽいマガンがいたので、カメラに収めておいた。並びに、「ウトナイ湖野生鳥獣保護センター」というのがあるそうなので、行ってみたが、まだ朝8時を過ぎたところなので、開いていなかった。しかし、湖畔を巡る遊歩道を発見したので、しばらく巡ってみることにした。
 そうしたら、まずイチモンジチョウに出会い、しばらく歩くとフタスジチョウにも巡り合った。本州では標高の高いところにしかいないが、北海道では平地でも見られるのがいいし、二つの白筋がはっきりしている北海道亜種であるのも気に入った。また、ジャノメチョウにも何頭か出会い、接写した。
uton2807.jpg 続いて、木道を進んでいくと、コヒョウモンかヒョウモンチョウかはっきりしない個体にも出会い、カメラに納めさせてもらった。周囲には、ホザキシモツケのピンクの花が咲いていてとてもきれいだ。
 そして、小さなシジミチョウがいたので、そっと近づいてみるとゴマシジミだった。あまり動かなかったので、接写させてもらった。ミドリヒョウモンやウラギンスジヒョウモンも飛んでいるし、ベニシジミやモンシロチョウも見えて、いろいろと写真を撮りながら1時間半かけて戻ってきたら、「ウトナイ湖野生鳥獣保護センター」が開いていたので、見学させてもらった。
 ついでに道の駅にも立ち寄って、トイレをすませ、インフォメーションで近くに蝶がいるところがないか聞いてみたら、「北海道大学苫小牧研究林」を紹介してくれたので、道順を確認して、ウトナイ湖を離れることにしたが、ゴマシジミにも会えて、思わぬ収穫だった。

☆今日ここで出会った蝶(9種)uton2811.jpg
・イチモンジチョウ
・フタスジチョウ
・ジャノメチョウ
・コヒョウモン
・ゴマシジミ
・ミドリヒョウモン
・ベニシジミ
・ウラギンスジヒョウモン
・モンシロチョウ

クリックして応援してね!
     ↓↓
 にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
 にほんブログ村


昆虫写真 ブログランキングへ


大平森林公園のギフチョウ(2012.4.15) [蝶を撮る]

oohiras1.jpg
                                   ギフチョウ

 新潟市内で4年ぶりの同窓会があった帰路に、昔住んでいたことがある新潟県見附市に立ち寄り、大平森林公園を散策してきた。
 ここは、4.3haの人造湖大平堤を中心に、静かな自然に包まれた所に立地した面積53haの公園で、周辺のコナラを中心とした広葉樹やアカマツが美しい景観を作り出している。
 中でも遊歩道は、堤を一周するコースと尾根を歩くコースがあり、森林浴を満喫しながら野鳥のさえずりが堪能でき、自然観察の場として最適なのだ。
 まだ雪が残っていたが、尾根を歩くコースを歩いていくと、今回の目的の一つであるギフチョウにも1頭だけだが巡り会い、写真も撮れた。また、カタクリの花やショウジョウバカマも撮影することができ、良い散策になった。
 その後、近くにある桂温泉に入浴し、長岡市内の長岡小嶋屋本店で昼食にへぎそばを食べてから帰途に就いたが、高速を使わず、下道で帰ってきたら8時間もかかってしまい、ちと疲れた。

クリックして応援してね!
     ↓↓
 にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
 にほんブログ村


昆虫写真 ブログランキングへ

蝶を撮る ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。